HOME>コラム>シミ消すには化粧品選びがポイント!最適な化粧品とは

シミ消すには化粧品選びがポイント!最適な化粧品とは

基礎化粧品

シミの種類を確認しよう

ひとつ出来ただけでも気になるシミは、出来るなら綺麗に消し去りたい、と誰もが願うことでしょう。レーザー治療という手もありますが、可能であれば化粧品などで自宅でケアをしたいものです。ひとくちにシミと言っても、シミにも種類があります。シミ消すためには、自分のシミがどういったものなのかを把握することが重要になります。セルフケアで薄く出来るシミは、肌の表面に出来たものです。肝斑という言葉、CMなどで聞いたことがあるのではないでしょうか。主に目の下、頬骨の上あたりにもやもやと出来るシミのことです。ホルモンバランスの影響で出るものと言われていて、30代あたりから気になってくる人が多いようです。その頃から目の下にシミが増えたという場合、この肝斑である可能性が高くなります。肝斑は、比較的セルフケアで消しやすいシミです。シミ対策用の化粧品や内服薬でアプローチしましょう。

美容液

自分の肌にあった化粧品を選ぶ

そもそも、シミ対策用の化粧品にはどんな種類があるのでしょうか。それは大きく2つ、「シミ消すためのもの」と「シミ予防のためのもの」です。「シミ消すためのもの」は、今あるシミを薄くする効果のあるものです。代表的な成分に、ビタミンC誘導体、ハイドロキノンがあります。特にハイドロキノンの効果は高く、シミに強力に作用しますが、その分肌へのダメージも強くなります。シミが薄くなっても、肌がボロボロでは意味がなくなってしまいます。元々肌が弱い人は特に気をつけて使用しましょう。一方、「シミ予防のためのもの」とは、これからシミが出来にくくする効果のあるものです。こちらの代表的な成分は、トラネキサム酸、アルブチン、ビタミンC誘導体。そう、ビタミンC誘導体は、出来たシミにも予防にも効果がある万能成分なんです。どちらの恩恵も受けられる上に比較的肌に優しいので、ビタミンC誘導体入りの化粧品は特におすすめです。自分の肌質やなりたい肌を考慮して、用途に合った成分のものを選びましょう。